ETCカードの作り方と使い方

ETCカードはどうやって作り、使えば良いのか?

車を利用して遠くに出かけるときには、高速道路を利用する場合が出てくると思います。

少し前まで高速道路を利用するためには、料金所を通過する際、停止してお金を支払う必要がありました。

ですが、ETCというものが出来てから、高速道路に入るとき、出るときに停止する必要がなくなったのです。

高速道路では、どうしても帰省ラッシュでの自然渋滞だったり、事故などで渋滞が出来てしまうことがあります。

出入り口での停止するということが原因で、渋滞になることも多いのです。

ETCが出来たことによって、停止する必要がなくなり、渋滞の原因をなくしていくことが出来るのでしょう。

ETCを利用するためには、ETCカードというのが必要になります。

その場でお金を支払うことがなくなるので、ETCカードを利用し、後から清算をするという形になるのです。

ETCカードを利用しないと、ETCのゲートが開くことがないので、高速道路を利用する前には、ETCカードを用意しておく必要があります。

最近では、クレジットカードを作るときに、一緒にETCカードの申し込みが出来るようになっています。

そして、ETCカードを利用したら、その一緒に作ったクレジットカードでの支払いになるという形になります。

車を購入して、運転をすることになったら、ETCカードを用意しておくといいかもしれません。

発行するためには、そのカード会社によって期間は異なりますが、すぐに発行されるわけではありません。

突然必要になってその日のうちに・・・ということになってもすぐに作られるわけではないということを覚えておきましょう。

クレジットカードだけ、すでに持っているという人も多いかもしれません。

クレジットカード会社に問い合わせることで、ETCカードを作ることが出来るはずです。
必要になる前に作っておくと、後になって助かることもあるかもしれません。

一度、問い合わせてみるといいかもしれません。

ETCカードの申し込み

ETCは、カードと車載器が分かれています。これはカードの所有者がETC車載器を取り付けている車ならどの車を運転しても自分のカードで支払いが行えるという利便性を考えているためです。車の所有者でなくカードの名義人が支払うということです。

ETCの申し込みと車載器の購入、セットアップはそれぞれ別々に行います。ETC車載器取扱店では両方同時に申し込める場合もあります。

ETCを導入するには、まずETCカードを申し込みます。これはクレジット会社が発行しているもので、カード会社に問い合わせるとすぐにパンフレットを送ってきてくれます。

ETCカードには二つのタイプがあります。一つはETC専用カードで、有料道路の通行料金精算以外には利用できません。

もう一方は一体型ETCカードで、クレジット機能がセットになったものです。有料道路以外でもクレジットカードとして利用できます。

ETCカードにはクレジットカードと同様に審査があります。すでに持っているクレジットカードと同じ会社のETCカードを作る場合は流れがスムーズです。

尚、ETCカード選びや審査のことに不安がある方は次のサイトなどを参考にするとよいでしょう。

ETCカードMAX
このサイトはETCカード選びについて詳細な解説をしています。意外かもしれませんがETCの利用でANAのマイルが貯まりやすいものがあったり、年会費が優良でも使い方次第ではお得になったりと、高速道路料金以外でのクレジットカード利用全体を見渡して1番メリットがあるカードを選択できるはずです。
http://www.etcカードmax.com/

ウィキペディアのクレジットカードのページ
まぁ、ウィキペディアですが、カード全般の詳しいことが書かれてますので参考になると思います。

ETCカードの利用

ETCシステムは、通信と料金にかかわるすべての規格が統一されています。

そのため車載器のメーカーとカードの発行会社の組み合わせがどのようになっていても支障なく利用することができます。

自分のETCカードを所有していればETC車載器が搭載された車なら、どんな車両も利用できます。車を2台所有している場合は、カードは1枚で間に合いますが、2台の車にはETC車載器をそれぞれ装着しなければなりません。

またレンタカーで使用することもできます。また複数でのドライブなどで行きと帰りで違う人が料金を負担する場合もカードを交換することで可能になります。

支払はカード名義人に請求が行くようになります。ただし、有料道路の入り口と出口では同じカードを利用しなければなりません。

ETCカードにはクレジットカードと同じように有効期限があります。

期限切れのカードは利用できないので、事前にチェックしておきましょう。有効期限については乗車の際にお知らせしてくれる機能がついている場合がほとんどです。